2017年6月13日火曜日

PSO2ブログの運営者は努力を怠っている

こんにちは、ぬこです。
皆さんはプライバシーポリシーというものを見たことがある、または知っていますか?
サイトによっては個人情報保護方針と書かれていることもあります。


この記事ではプライバシーポリシーを設置することの重要性を書いていきます。
ブログに興味がある方やアフィリエイトやPV数にばかり夢中になってるブロガーも読んでね。
この記事は特定のサイトや個人を攻撃するためのものではありません


プライバシーポリシーとは


個人情報をどのように集め、何に利用しているのかといったこと、そしてその収集を拒否する方法が書いてあります。最近では個人情報の収集がさらに進み、閲覧履歴、住所、氏名、嗜好などまでも収集されている傾向あります。ここまで来ると不快だと感じる方も居るでしょう。


プライバシーポリシーはそのようなユーザーの不安を和らげるために有ると言っても良いです。そして、アクセス解析ツールやアフィリエイトのほとんどは利用規約でプライバシーポリシーの設置を義務付けています


個人情報が集められることを気にしない方もいるかもしれませんが、読者に内緒でアクセスを解析したり、アフィリエイトでお金を稼ぐサイトに良い印象を持てますか


本当に知らないサイトも有るのでしょうが、アクセス解析ツールやアフィリエイトの導入方法を紹介しているサイトの多くは、「プライバシーポリシーを設置しないとだめですよー」と書いてありますし、少し調べれば検索で出てきますので、アクセス解析ツールやアフィリエイト導入のほうがよほど難しいです。


プライバシーポリシーの設置なんて1時間もかかりません。それなのに設置していないのは記事と違ってPV(お金)に繋がらないから?と私は勘ぐってしまいます。





利用規約に違反していませんか?


個人運営のブログは基本的に義務ではないですが、例外があります。
有名なところだと「Googleアナリティクス」、「Amazonアソシエイト」、「GoogleAdesense」を利用している所は個人のブログでもプライバシーポリシーを設置しないといけません。


ちなみに、設置場所はトップページから1クリック程度で見れるところです。

Amazonアソシエイト

乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。甲は、この文言を適時変更することがあります。

乙はブログ運営者、甲はアマゾンです。


Googleアナリティクス

お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。

GoogleAdSense

AdSense サイト運営者様は、ウェブサイトに広告を掲載することで、そのサイトを訪れたユーザーのブラウザに第三者が Cookie を保存したり、保存された Cookie が第三者によって読み取られたり、第三者がウェブビーコンを使って情報を集めたりする可能性があることについて、これを明示したプライバシー ポリシーを掲載し、その内容を遵守する必要があります



Googleアナリティクスを使っているか確認する方法


アフィリエイトはリンク踏むなりすればわかりますが、Googleアナリティクスは外からだと使っているか分かりづらいですよね。


でも簡単に分かる方法があるので教えます。


  1. 知りたいサイトに行きます。
  2. そのサイトのページ上で右クリックし、「ページのソースを表示」をクリックします。
  3. 画面いっぱいにコードが出てきますが、PCは壊れてないので慌てないで下さい(笑)
  4. F3かCtrl+Fでページ内検索を表示。
  5. analytics.js」か「ga.js」がページ内にあれば使っています。
こんな風に表示されます。(私のブログです)




Googleアナリティクスで分かること


多分これを見たら「こんなことまで分かるの!?」と驚くと思います。規約上、画像は貼れません。
  • どこからアクセスしたか(市町村まで見れます)、性別、大まかな年齢(18~24とか)
  • 何に興味があるのか(ゲームとか料理、言語学習)
  • どのサイトからここに来たのか。
  • どんなキーワードで検索してここに来たのか。
  • 使用しているブラウザ、OS、デバイス(スマホは機種までわかります)、プロバイダー(Docomo,OCNとか)
  • サイト内のどこからどこのページに行き、どれだけ滞在したか。

読んでいる方にとって気になるのはこれくらいでしょう。皆さんの予想よりずっと細かいところまで見れるということが分かってもらえましたか。これを見て「こんなところまで知ってもらえるなんて嬉しい!」と思う方はいませんよね(笑)


正直ここまで細かいところまで見ることはあまり無いですが、情報を集めているという事実は変わりません




最後に


念のためもう一度書いておきますが、特定のサイトや個人を攻撃することを意図して書いたわけではありません。


私だってブログを始めたばかりで、至らないことのほうがずっと多いです。でも、少しずつで良いから健全で良いサイトを作るべきだと思ってます。良い記事を書くことだけが良いサイトの条件だとは思いません。


せっかく読んでもらっているのですから、ユーザーには誠実であるべきです。アクセス解析ツールやアフィリエイトでお金を得ているなら尚更でしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿